親子で竹馬

 まだ肌寒さの残る3月最初の土曜日、2年に一度の親子竹馬大会が晴天の下で催されました。これは学童の子ども達が冬季に取り組む伝承遊びの内で、隔年種目である竹馬の最後を飾るイベントです。

 プログラムは子どもによる親への竹馬指導に始まり、子ども達がこの日のために練習を重ねてきた学年別の竹馬演技、そして親子で参加する竹馬競技へと続きます。

P1000066

たかが竹馬、今どき竹馬?と侮っていても、ポンと渡されてすぐに乗れる大人はほとんどいません。昔はよく乗った、あるいは日頃からつま先歩行など身体バランスを意識している様な人はともかく、両足をステップに乗せることすらおぼつかない親がこんなはずでは・・・と、軽々と乗りこなす我が子を惚れ惚れと眺めます。

110305_111419

 私が我が子の成長と共に竹馬の取り組みに関わるのはもう3回目となり、もうすぐ卒業・卒所します。子ども達が愛用しているこの竹馬を、指導員や他の父母の方々と郊外の竹林から切り出して来てやるのは2回目。そして今年は1月の父母会の後で親子一緒に竹馬作りまで参加しました。

そう、これらの竹馬は共に作ったもの。子ども達にとっては普段忙しくしている親が作ってくれた大切な竹馬なのです。

_1000012

 6年間我が子を学童に通わせて、父親である私自身が何より良かったと思える事は、子育てに関わる機会を学童が教えてくれ、そして与えてくれたことです。

学童は市ではなく父母が運営しています。

共働きなどで忙しいから子どもを決して安くはない保育料を払って学童へ預けるのに、その上なにかと参加・活動させられるのは面倒だ。多くの方々が最初にそう感じるのと同様に、私も入所前後は強くそう思っていました。

しかし、お金だけ払って自分の知らない内に子どもを無事に成長させてもらえばそれで満足なのか?

我が子と親自身にとってたった1度しかない小学生時代、忙しいという理由でろくに関わることなく過ぎ去ってしまって良いのか? 今ではそう思っています。

夏のキャンプや球技大会の練習、そして市からの手当が甚だ不十分な学童の運営に真剣に関与してきたこと。我が子の愛する場所を守る手助けをしてきたという自負を与えてくれたことを、学童と先生方には本当に感謝しています。

 先日ある若手市議会議員の話を聞く機会がありました。彼は学童出身者なのですが、

市は不十分な助成金とプレハブ小屋しか用意してくれないが、この雑然とした環境の下でも親が一生懸命運営している学童がとても好きだと言っていました。

そして、それぞれの学童にはそれぞれの伝統・特徴や良さがあり、子ども達にとって第2の家と呼ぶに相応しい環境が備わっている。市や学校が運営する画一的で恵まれているだけの保育からはこの良さは決して出てこない、とも。

_1000001

 かつての幼い子ども達は第2の家兄弟の様に共に6年間を過ごし、今また弟・妹達を残して新たな階段を昇るために卒所して行こうとしています。

この子ども達の顔を見れば、充実した日々だったかどうかは疑う余地もありません。

| | コメント (0)

2013年度 新入所説明会のご案内

平成25年4月より藤が丘学童保育所への入所を希望される方や検討されている方、あるいは

就学されるお子様の放課後の過ごし方について、深い関心がおありになる方などを対象に、入所説明会を下記のとおり行いますので、お気軽にお越し下さい。

1回目

17日(日曜日) 午後 時より (約1時間)

2回目

月 日(土曜日) 午後 時より (約1時間)

ご都合のよろしい日、どちらか一方にご参加いただければ結構です。

開催場所:

藤が丘学童保育所 於

( 772-8146

指導員と在所児童の父母の代表とで、ご説明させていただきます。

お待ちしております。

| | コメント (0)

2009年サマーキャンプ

Camp

今年度の春は新たに7人の新入所生を迎え、総勢40人のやや大所帯です。しかも低学年と高学年が半々という尋常でない比率!5年生、6年生になっても学童に通い続ける理由は何なんでしょうか?

その訳は子ども達の表情を見ていればすぐに理解できますね。なにも藤が丘が特別治安の悪い地域という訳ではありません、念のため。(笑)

そんな事情もあって、今年のキャンプ参加者は父母を入れると80名近い大所帯!

当然1台のバスには乗りきれません。自家用車数台を伴ってのキャラバン移動です。父母が一緒でなければ子どもがキャンプに参加できないなんて、特に決まっている訳でもありませんし、慰安旅行として特に快適な環境を整えていることもないのですが・・・。

かく言う私も、子どもが就学する前は、

学童って行事が多くて親も結構大変・・・」とかなり不安に思っていた1人ですが、今では子ども達やその第2の家である学童のために何かできる事はないか、と日頃から勝手にあれやこれや思ったりしています。人間変われば変わるものですね。子どもが親を育てるとは本当の事だったようです(笑)。

話を本題に戻して、今年のキャンプ地は3年ぶりの岐阜県関市板取でした。

往路2時間弱の車中で高学年有志企画のバス・レクリエーションに始まり、現地到着後すぐに開村式

各々持参のお弁当で昼食をとり、コテージ・バンガローに別れて荷解きに続き、待望の川遊び

2

スイカのおやつで一服した後は、高学年は野外テント張りと寝床の整備。その間に低学年が夕食(創作カレー)の下準備で、材料を剝いたり切ったり。

そうこうしている間に、4年生が米とぎと水加減の確認。5年生は釜戸で火をおこしを始めたり、鉈(なた)で薪を割ったりします。

6年生は監督で基本的に後輩への手出しは禁止。

父母からの口出しはそれこそ必要最小限度。手出しなどもってのほかです(笑)。

こんな具合で毎年プログラムは変わらないのですが、役割分担が学年別になっていて、上級生から下級生へ指導・引継ぎをしていきます。つまり子ども達1人1人にとっては、成長に従って異なる役割を担っていくことになるので、以前は出来なかったこと・やらせて貰えなかったことが年を追って出来るようになり、また上級生に対する羨望と尊敬の気持ちがそこから生まれてきます。

親から見るとマンネリ化としか思えないこの一連の作業の中に、子ども達の小さな社会での成長と世代交代が着実に行われているのです。

何十年(?)も同じ事を辛抱強く繰り返していらっしゃる先生方には、本当に頭が下がりますね。

一方で我々親たちはと言えば、日常の忙しい生活や家庭の中でついつい叱ることしかしていない子どもの思いがけない姿や、たくましい上級生に将来の我が子の姿を重ね合わせてニンマリするという、極上のシーンの連続を眺めながら子ども達から夕食をご馳走になるのですから、参加希望者の多さもうなづけます。

夜はキャンプ・ファイアーと締めとして高学年によるトーチ(6年生の親によるトーチという余興もありますが)。

今年は藤が丘の夏祭り(藤が丘小学校にて)が直前までの大雨で中止となり、毎年恒例のトーチが披露できなかった悔しさを、高学年はようやく無事に晴らすことができました。

1

程良く靄が立ちこめる森林の清々しい翌朝は、子ども達の作ったホットサンドをまたご馳走になり、その後で9月に控えた球技大会に備えて親子対抗キックベースドッジボールをして締めくくりました。これも毎年恒例なんですね。

さあ、名東区学童対抗球技大会で優勝を目指して、子ども達の夏はまだまだ続きます。

| | コメント (0)

2008年度のスタートです

今年の新入所生は、3年ぶりの2桁。5つの保育園・幼稚園から10名の新1年生が、新しい仲間としてやって来てくれました。

全学年で見ると総勢36名で、これは十数年ぶりのことだそうです。(指導員談)

雨降りの日はさすがにちょっと学童が狭く感じますが、嬉しい悩みですね。(笑)

子供たちは、まだちょっぴり恥ずかしがりながらも、新しい仲間たちが早く学童に慣れてくれるように、そして何より学童が好きになってくれるように一生懸命です。

それはついこの前まで1年生だった子たちですら同じこと。子供の進歩って凄いですね。

明日からしばらくは、1年生だけ学校での給食がまだ始まらないので、学童でお昼ご飯を作ってみんなで一緒に食べます。

文字通り、同じ釜の飯を喰う仲間になる訳ですね。(言い回しがちょっと古いか・・・)

Dscn0489_2

4月第1土日にあたる先週末は、藤が丘駅前で毎年恒例の桜祭りが行われ、学童の父母たちもこれまた恒例の出店をしました。

毎度の焼きそば・唐揚げ・フランクフルトというメニューでしたが、これがまたビールと共に花見に合うんですよね~。

今年の桜は1週間以上も前に開花したので、祭りの時にはもう散ってしまっているんじゃないかと、ずっと心配していましたが、祭り当日も含め本当に天候に恵まれて、満開状態のまま無事2日間を終えることができました。

お客さんの出足もとても好調で、お陰様で我々藤が丘学童父母会の売り上げも目標値を大きく上回ることができました。

高学年の子供たちも楽しそうに売り子さんをしてくれて、在所生を兄・姉に持つ新入所予備軍(?)の保育園児たちも、大声を張り上げて一生懸命に呼び込みしてくれましたよ。

また父母OB会の方々にも、当日会場でリサイクル・バザーを開いていただき、少なからずその収益をご寄付下さいまして、本当に感謝しております。

そして両店にお立ち寄りいただいた方々には心から御礼申し上げます。この収益はより良い学童にしていくために、有意義に大切に使わせていただきます。

1

| | コメント (0)

2007年後半を振り返って

2007年も終わろうとしていますが、学童の子供たちもみんな元気に年を越すことができそうです。

8月、姫宮林間学校でのサマーキャンプ ~ 常日頃、便利で清潔で快適な現代生活に慣れてしまっていると、色々とままならない環境で工夫して生活するのは貴重な経験ですね。それは父母にとっても同じことだった様ですが・・・(笑)

9月、名東区学童対抗球技大会 ~ もちろん一生懸命戦ったけど、今年は成績が良かったとは言い難いですね。来年の活躍に期待しましょう。

10月、本郷公園での子ども祭り ~ 当学童の子供たちによる、キックターゲット・コーナーは例年のように好評でしたよ。

などなど、父母も一丸となり一生懸命盛り上げて、なんとか無事にこなしてきました。

(今年は本ブログの更新をさぼりにさぼってしまい、申し訳ありませんでした。)

_igp0144_2 

我々父母にとって今年最も印象に残る出来事の1つは、指導員の仲せんが1か月間入院されて、学童は大ピンチだったことです。

残された加トせんは、もちろんいつもに増して大奮闘の毎日だったのですが、子供たちがいつになくいろいろな場面で頑張ってくれていることを実感しつつも、あちこちで起きるもめ事や、どこか落ち着かない不安な表情を見るにつけ、子供たちの心の不安定につながっているなぁ、と痛切に感じる日々だったそうです。

復帰をご心配されていた仲せんご本人も、手術後の回復も順調で、子供たちからの嬉しいメッセージや、みんなが待っていてくれているという思いが、早い回復を後押ししてくれたようだと語っていらっしゃいました。

でもって、その子供たちはといえば、仲せん復帰前日には大騒ぎ。仲せんを迎えるメッセージ集や歓迎看板作りに大忙しだったそうで、みんな何だかとっても嬉しそうにメッセージを考えていたんですって。

そして当日学校から帰ってくる子供たちは、遠くから

仲せ~ん! 仲せんいる~?」と大きな声。

いつもと変わりなく、「お帰り~」と言う仲せんに、

それを言うのは僕たちだよー! 仲せん、お帰りー!

と、みんなにこにこ顔でしたとさ。

Dscn0568_4

この期間、万障繰り上げてサポートに就いて下さった、パートや臨時指導員の方々には心よりお礼申し上げます。

| | コメント (0)

いよいよ夏です

今年も大好きな夏休みの季節がやって来ました。

今年度も新たな仲間を得て、一学期を共に過ごす間にすっかり一体感も出てきました。

そんな中でこの夏休みも、毎年の様に楽しみなイベントが待っています。

子供たちにとって最大の関心事は、なんといってもサマー・キャンプ

8月第1週末での1泊2日のキャンプに向けて、既に7月の始めから色々な取り組みをしています。

まずはキャンプ・ソング

自前で歌集を作った後は、毎日ノリノリで歌って練習しています。

高学年には憧れのトーチが待っています。

既に練習を積み、実際に火を付けたトーチ棒を使って数々の技をマスターしています。

しかもこのトーチには、キャンプに先駆けて藤が丘小学校の夏祭りにおいて披露するという晴れ舞台があったのです。

_igp0317

一方、低学年の子供たちには食事作りという試練(?)が待ち受けています。

メニューは例年通りの創作カレーライスなんですけど・・・

特に1年生にとっては初めて使うピーラー(皮むきの道具)。

その指導にあたる3年生は、自らが手を出したい気持ちを必死に押さえて、かつての痛い思い出を胸に、後輩達に的確な注意を促していますよ(笑)。

2年生は昨年もやったよなー、なんて余裕をかましてますけど・・・。

それを無事乗り切った後は、待ってましたとばかりに3年生が野菜を切ります。

その他にも3年生には、なたを使って薪割りなんていうのもあるんですよ。

で・・・、高学年は何をするかって?

そりゃあ、熟練を要する料理の要、窯の火の管理ですとも!

そしてキャンプ・ファイアーでは、最大の見せ場をトーチによって魅せてくれるでしょう。

また、9月8日に開催が決定した名東区学童対抗球技大会に向けて、

キック・ベースドッジ・ボールの練習にも余念がありません。

キャンプでは親も入り交じっての練習試合が恒例です。

あっ、そうそう。 親の活躍といえば、藤が丘小学校の夏祭りでは恒例の模擬店を、今年も父母により出店しました。

例年は2日間の夏祭りも、今年は選挙の日程変更の為に1日に削られてしまいましたが、天候にも恵まれお陰様で盛況でした。

ご来場いただいた方々には、厚く御礼申し上げます。

Img_0249

| | コメント (0)

トワイライト・スクールとはどう違うの?

 放課後に子供たちの居場所を提供するという観点だけで見ると、学童保育トワイライト・スクールとの差異は、なかなか解りづらいと思います。

もっとも大きな違いは、トワイライトは単に学校の一部を遊び場として提供しているだけで、保育はしていないという点です。

それ故に私たちは、学童保育の役割に大きな価値を見出しているのですが、ここでもう少し詳しく、実態に基づいて双方を比較してみることにしましょう。

1.目的

 学童保育は、働く父母の支援と、留守になる家庭に代わり子供たちに生活の場を用意するためにあります。

 トワイライトは、全ての一般児童に対してただ単に、放課後の遊び場を提供するために学校の一部を利用します。

働く父母の支援を念頭においたものではありません。

2.活動場所

 藤が丘学童のすぐ近くには、グラウンドや遊具施設、雑木林、小山などが揃う明が丘公園があり、子供たちは自主的にのびのび遊ぶことが出来ます。

 トワイライトは、放課後の教室を利用しますが、運動場や体育館などの他の施設は、クラブ活動に占有されているため、実質的には利用できません。もちろん学校なので廊下で走ったり遊ぶことは禁止。

3.運営体制

 藤が丘学童では、経験豊かな専門の指導員が毎日、子供たちの様子を注意深く見守ってくれています。私たち父母は、学童に自由に出入りすることが出来ますので、子供たちに混じってその様子を見守ることも出来ます。

下校後は速やかに学童に帰ってくることが原則ですので、姿が見えない場合は、すぐにそれぞれの父母に連絡を取ったり、所在を確認したり探し回ったりします。

 トワイライトは、退職した元校長先生が指導者になることが多いのですが、この様に退職後再就職する方々は早い時期から出世して、教育現場から離れてしまっているというのが現実。子供たちと直接ふれ合うことは、ほとんどない様です。

他に、地域の協力員やボランティアが参加していますが、各々が別に仕事を持っているため、交代制で常時参加できる訳ではありません。また研修は受けていますが、保育については素人です。

トワイライトへの出席は、当日の児童からの申告によるので、親が知らない内に欠席しているということも起こります。また一旦帰宅すると、再登校しての参加は不可です。

4.活動について

 藤が丘学童の普段の生活については、既にこのブログでご紹介していますが、最近の遠足では、モリコロ・パーク、科学館、子供向け演劇、映画などに行っています。

※冬休み中は、子供たちでメニューを考えてお昼ご飯を作りました。薩摩鶏飯、たこ焼き、焼肉、豚カツ、筑前煮などを各学年で協力し合って、美味しく作ることができました。

 トワイライトでは、普段は子供に自主的に過ごさせています。時々はイベント(体験学習、学びの講座、地域活動など)が催され、その時だけ参加する子供もいます。

5.運営費用

 学童保育の運営は、行政からの助成金がまだまだ十分でないため、父母が負担する保育料については、残念ながら少額ではありません。

※藤が丘学童の場合、平成23年度は、19,000円(低学年)、16,000円(高学年)。 (兄弟割引、一人親家庭には減額助成制度があります。)

 トワイライトは、名古屋市が税金により運営しているのため、年間で500円の損害保険料のみ。

 行政による育児政策は現在、トワイライトに肩入れし過ぎているように思います。私たちは学童保育に対する助成金の増額を求めて、名東区単位・名古屋市単位、また県・全国規模で継続的に活動をしています。

大事な成長期にある子供たちの貴重な時間を、いかに過ごさせるかということを真剣に考えたとき、学童保育が担う役割の重要性は明白なのです。

| | コメント (2)

学童保育では、何をして過ごすの?

日々の生活は?

下校~3時

 宿題や、自由遊びの時間

3時~4時 おやつ。

 班に分かれて、おやつ作り

 取り組みについての話し合い。

4時~5時

 集団遊び、様々な活動の時間。

 低学年から高学年まで、みんなで一緒に遊びます。

6時までに(申し出により若干の延長可能)

 お迎えが来たら、帰宅します。

送り迎えは、どうするの?

 学校からは、子供たちだけで一緒になって、学童へ帰ります。

 1年生の4月の下校時は、学童の指導員が学校まで、お迎えに行きます。

 学童からの帰宅は、保護者のお迎えか、近所の子供たちで一緒に帰宅します。

集団遊びでは、何をするの?

サマーキャンプに向けて、ご飯作りの訓練や、キャンプファイヤーでの出し物の練習。

・球技大会に向けて、ドッジボールキックベースの特訓。

お誕生会の出し物の練習。

伝承遊び(駒回し、けん玉、毬つき、ゴム飛び)発表会や、竹馬大会に向けて練習。

子供会議(議長も書記も子供たちでします)。  などなど

こういった取り組みだけでなく、ただみんなで遊ぶことも多いですよ。

Photo_1

学童保育の期間と時間は?

平日 12時半 ~ 午後 6時

土曜(希望制) 午前8時 ~ 午後6時

(申し出に応じて、若干の臨時延長可能。)

学校の長期休み(春・夏・冬)期間

午前 8時 ~ 午後 6時

お休みはいつ?

日曜、祝日、お盆(4日間)、年末年始(6日間)

藤が丘学童って、どこにあるの?

Photo_2 名東区高柳町810番地

( 772-8146

詳しい地図は

「Map.gif」をダウンロード

| | コメント (0)

藤が丘 学童保育って、どういうところ?

Photo  学童保育は、働いている父母が、小学生の子供たちをカギっ子にせず、事故から守り、楽しい下校後の生活を保障してやりたいという願いから生まれました。

 学童保育とは、単に子供たちを預かり、

大人が課題を与て、

保護しておくだけの施設ではありません。

下校後、子供たちは「ただいま!」と学童に帰ってきて、

指導員が「おかえり!」と迎えます。

 学童保育とは、1年生から6年生までの異なる年齢の子供たちが集まって、

遊びやスポーツ、当番活動、子供会議などを通して、

そこの仲間たちと共に自主的に生活していく1つの社会であり、第2のなのです。

家庭に兄弟姉妹が少ない現代では、学童保育が子供の人格形成に与える影響は、とても大きく重要だと考えています。

 我々の藤が丘学童保育において、そんな子供たちの自主性を尊重しながら、子供たちの大切な日々の時間を温かく見守ってくれているのが、

2人のベテラン指導員(勤続年数25年と20年は、名古屋市内でもトップレベル!)です。

子供たちは、親しみを込めて2人の指導員のせんせいを「仲せん!」「加トせん!」と呼んでいます。

 指導員は子供たちを教育したりはしません。

指導員は、子供たちの創造力を膨らませ応援し、過ちや気づかないことを自ら発見・理解できるよう誘導し、励まします。

…たまには、叱ることもあるけれど…

 小学校を卒業したOBが学童に遊びに来てくれたり、大学生になってからボランティアで補助指導員をしてくれたり、

中には、指導員を目指したい! と言う子までいます。

 ひとり親家庭のお母さんが、男の子の子育てについて指導員に相談することもあれば、

我々父母が気づいていないような我が子の一面を教えてもらうことだってあります。

実際、指導員は我々父母よりも、子供たちのことをよく見てくれているんです。

 ところで、学童保育は子供を預けるための機関ではありません。

「子供たちの大切な社会」を守っているのは、実は我々子供たちの父母なんです。

学童保育は、区政協力委員や民生委員など、地域の役職者の方々にご協力を頂いて、

父母会で運営しています。

運営費は、名古屋市からの助成金と、父母が出し合う保育料とで成り立っています。

親同士が集まり、指導員を交えて話し合いながら、子供たちの生活子育てについて考えています。

…交歓会の方が一生懸命だという噂もありますが…

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

ニュース | 育児